ニューヨーク直送 HSPライフコーチ - HSPライフスタイル:セルフケア&セルフラブ

移民問題:米国労働ビザと永住権

わたしは、30歳の時に スーツケース一個もって 単身アメリカへ来ました。   最初から労働ビザを合法的に 取って、いわば”移民”として ここで暮らしてきました。   最近の日本での”移民”に対する 報道を見て深く心が痛みます。   技能実習生という名の元に 日本へ騙すように連れて 来られている多くの ミャンマーやベトナムの人たち。     私はアメリカ、ニューヨークに 様々な人種の人たちと混ざって 31年間暮らして来ました。 ありとあらゆる国の人がいます。   道ですれ違う二十人、 ランダムに見ても 皆それぞれ違う顔をしています。   よく移住のプロセスを 訊かれるのですが、私の場合、 最初はH1という労働ビザで 医師や弁護士、教師など なんらかの専門的な資格が必要な 専門職に就く人に与えられる ビザを取ってから渡米しました。   このビザは特定の”スポンサー”と 言われる雇い主が確かに この人を雇いたいという意思と   diversityなどの約束を きちんと示して法的な手続きを しなければなりません。   当然、人権を踏みにじるような 労働条件ではそういうビザは 許可がおりないのです。   本人の資格と資質を証明する 書類の他に、雇い主になる人が 新聞などに求人広告を出して、 もし他にも応募してくる人が いれば面接もしなければ いけません。   その上でやはり労働ビザを 取りたい人が誰よりもその仕事に …

移民問題:米国労働ビザと永住権Read More »

周りの動揺への心構え 1:バウンダリー

*自分の人生、自分で舵取り   をして、伸び伸びと自由に 生きていきたい前向きなHSP のあなたに届きますように。   壁と橋のイメージを心に描いて バウンダリーのトレーニングを 始めたら、最初のうちは 意識して、マインドフルに、 自分に問い続けたいことが たくさんあります。   1)今自分の取り入れたい エネルギーを取り入れているか?   2)本当に欲しいものは何か?   3)本当に必要なものは何か?   4)これを言うこと・することで 自分のエネルギー(波動)は上がるか?   5)自分は今意識して選べているか?   6)今感じているのは誰の感情か?   注意深く意識して『 選ぶ 』   ということを繰り返してださい。   これまで自分で選ぶということを あまりしてこなかったあなたには これは結構骨の折れる作業です。   心がウキウキしてくる時もあれば 『 うわあ、自分で選ぶって大変! 』 と、悲鳴をあげて、尻尾を巻いて 来た道を引き返したくなることも あるかもしれません。   でも、決して怖れることはありません。   どんな人にとっても新しいこと、 慣れないことというのは それがたとえ楽しいことでも 膨大なエネルギーを使うのです。   自分を自由にしていく、   解放していく過程 …

周りの動揺への心構え 1:バウンダリーRead More »

Get addicted to happiness instead of sorrow and sufferings

HSP:網戸のようなバウンダリー

健全なバウンダリーを   育てるためには トレーニングが必要です。   HSPの特徴は生まれつき   のものですが、わたしたちの 人生は生まれつきの特徴だけに 支配されているものではありません。   血液型が何だから、星座が何だから こんな傾向がある、というように、 生まれつきの特徴は色々あります。   HSPの特徴があるということも、 あまり深刻に考えないでください。   自分の傾向を理解して、生きていく ための有効な指針として使うのが 望ましいです。   人生のGPS って感じです。   自分が今どんなところにいて、 周りに何があって、 これからどこへ行きたいのか?   どんな生き方をしていきたいのか?   それを知って、生きたい方角へ 旅を続ける手がかりにすれば、   HSPの特徴を知ることも、   バウンダリーが弱いことに 気づくことも、あなたが 幸せに健康に生きていくための 心強い味方になります。   あなたの足枷に しては何にもなりません。 言い訳にしたら本当に もったいないです。   すべてはトレーニング。   トレーニングによって 身につけられないことは およそありません。   バウンダリーをトレーニング、   強化していくにあたって、 役に立ついくつかの …

HSP:網戸のようなバウンダリーRead More »

ローマは1日にしてならず

  HSPのための ZOOM で育てる オンライン講座   2018年10月開講コース ZOOM説明会に無料登録   みんなが待っているコンテンツ(内容)を インターネットやSNSを使って 効率的に世界に拡散していきたい。   本当に大切に温めてきたコンテンツを アウトプットしていきたい。本当に 必要な人の手元に届けたい。   そんなHSPのための ステップ バイ ステップ 12ヶ月講座です。 『 12ヶ月、長いな 』 と思われたかもしれません。   ローマは1日にしてならず。   『 教材だけ受け取って 手もつけずに何にもしなかった 』 『 小さなことでつまづいて 夢をあきらめた 』 『 自分には無理だと思った』   そんな思いはして欲しくない。   だから毎週きちんとサポートを 受けながら順序よく着実に進んで いけるような構成にしました。   SNSを面倒に感じたり、 怖かったりするHSPが多いことも、 ドキドキはらはらしやすいHSPが 多いことも考慮に入れています。   安心して無料で使えるSNSを できるだけ効率よく使いながら どうビジネスに生かしていくのか よく理解して体感できます。 …

ローマは1日にしてならずRead More »

sad alone boundaries

バウンダリー:線引きを妨げる4つの要因

  多くのHSPがこの領域でもう少し ”潔さ”と”たくましさ”を身につけて いけたらうんと生きやすくなるのが バウンダリー(境界線・線引き)です。 HSPは、Highly Sensitive Person の 頭文字をとったもので、 『 とても敏感な人 』という意味です。 バウンダリーをはっきりするというのは 人生の様々な場面で『 境界線を設ける 』 『 線引きをする 』ということです。   バウンダリーをはっきりすることが うまくできない背景には 色々な要因があります。   今日はその主な4つの要因について 書いていきたいと思います。 1)人と向かい合うのが怖い 2)人に嫌われるのが怖い 3)自分のニーズを表現するのは わがままなことと感じる 4)自分の感情・ニーズは重要でない   1)人と向かい合うのが怖い *対面は必ずしも対立ではない。 誰かと向かい合って自分の意見や 主張を伝えることは決して 対立や決裂ではありません。   ましてこの世の終わりではありません。   言いたいことを言ってみたら、 実は何の問題もなく 相手が受け入れてくれることは よくあります。   むしろ相手はそんなあなたを 待っているかもしれません。   向かい合うのを避けていると 向かい合うことがどんどん怖くなって とても難しく感じられます。   でも普段からさらっと 自分の言いたいことを …

バウンダリー:線引きを妨げる4つの要因Read More »

自分を『これでよし』とする:HSPとバウンダリー

先日の記事で、 6つの線引きについて書きました。   HSPのあなたの人生が 心地よい方向へ大きく変わる 6つの線引きです。   1)人の感情と自分の感情 2)人と自分の責任範囲 3)人のニーズと自分のニーズ 4)心からしたいこととそうでないこと 5)仕事とプライベート 6)自分に変えられることと変えられないこと   人の感情と自分の感情の線引きは、 共感力の強いHSPにとって なかなかのチャレンジです。 感情の線引きができない人が よくやっていること、 チェックしてみてください。   1)嫌なことを嫌と言えない 2)人から嫌と言われるとすごく傷つく   3)嫌と言えなかったことを仕方なく しながら不満・憤懣が溜まっていく   4)溜まっていく不満・憤懣を表現 できなくてますます不機嫌になる (または体調が悪くなる)   5)必要以上にいつも(自分のせい でない時も)誤ってばかりいる *すべてが自分のせいと思い込みやすい   6)みんなの面倒をみようとして (自分の体調を壊してまで) いつも必死で何かしている *そうしなければ罪の意識を感じる   7)自分をいつも後回しにする   8)後回しになっている自分が 不満になる・嫌いになる   9)自分は人から尊重されていない・ 当たり前にうけとられていると感じる。 (もっと進むと踏み付けにされている)   どうでしょう?   この恐るべき負の循環、 ぞっとしませんか?   わたしもず~っと長いこと …

自分を『これでよし』とする:HSPとバウンダリーRead More »

Scroll to Top