バウンダリーが弱いと?

Spread the love

今日はHSP(とても敏感な人)

苦労することの多い

バウンダリー(境界線)について、

バウンダリーが弱いと

日常生活で具体的に

何が起きてくるか、

書いておきたいと思います。

 

バウンダリーが弱いというのは

平たくいうと、

人と自分との間に

健全な壁がつくれない

明確な線が引けない

ということです。

 

『 これは自分の責任で、自分の仕事 』

 

『 これは自分の感情で、自分のエネルギー』

というような線引きができる人は

健全なバウンダリーを

持っている人です。

 

*HSPは Highly Sensitive Person の略です。

 

『 これは自分が望んでいること 』

 

『 それは他の人が望んでいることで、

自分が望んでいることではない 』

というようなはっきりした

線引き、区別ができることです。

 

バウンダリーはどんなに

親しい人の間でも

健全な人間関係を育てるために

必要なものです。

親しい人の間であればこそ、

一層大切ともいえます。

バウンダリーが弱いと

日常生活、家庭生活

友達との関わり

そして仕事の上でと

色々な面で問題がおこります。

自分で問題と

自覚していない場合には

もっと深刻です。

 

例えば職場で

こんなことはありませんか?

 

いつの間にか

自分の仕事でないことまで引き受けて

あまりの仕事量に四苦八苦している

いつも自分ばかり責められる

(または責められている気がする)

 

人から責任転嫁されている

(または逆に責任転嫁している)

謝ってばかりいる。

 

不当に残業を押し付けられて

断ることもできない。

 

上司の機嫌が気になって

ご機嫌取りばかりしている。

 

逆に、上司が怖くてそばに寄れない。

 

同僚の視線が気になって

機嫌取りをしたり、お世辞を言ったり

話を合わせてばかりいる。

 

本当はやりたくないのに、

(あるいは自分の仕事ではないのに)

無理をしてやってしまって

心の中には不満が溜まっていく。

 

人から自分のことや

本心を知られるのが怖い。

本心が言えない。

 

うまくコミュニケーションが取れない

 

バウンダリーが弱い人は

感情的になりすぎて

理論的に冷静に

コミュニケーションを

取ることができません。

そのためにとても損をします。

 

コミュニケーション

苦手意識があるので

最初から

コミュニケーションを取ることも

人と近づくことも

避けてしまう場合もあります。

このような問題はどれも

バウンダリーの弱さからくるものです。

 

つまり自分と相手の間に

健全な線を引くことが

できないのです。

 

 

健全なバウンダリーが育っていると

嫌なことを嫌と言ったり、

助けが必要な時には遠慮せずに

助けを求めたり

頼んだりすることが怖くありません。

 

Yes か No  かがはっきり言えるというのは

バウンダリーの健全さを測る

一つの重要なバロメーターです。

 

嫌なことを嫌と言えるかどうかで

バウンダリーが弱い人かどうかはすぐにわかります。

 

健全なバウンダリーが

育っている人は

時間がきたら

『 お先に帰ります、また明日 』と

罪の意識を感じないで

同僚や上司より

先に席を立って帰ることもできます

バウンダリーは罪の意識と

とても密接に関わっています。

何か少しこたえるようなことを

言われた時に、それをあまりにも

深く受け止めて

落胆したりひどく落ち込むのも

バウンダリーが弱い印です。

家庭でも職場でも

なんでもかんでも

自分のせいだと

思い込んでしまう癖は

ありませんか?

 

誰かが機嫌が悪い

きっと自分が何か悪いことを

言ったに違いない、

きっとこの人は私のこと嫌いなんだ、

私嫌われてるみたい、

とすべての元凶は自分かのような

思い込み・信じ込みをしやすいのも

バウンダリーが弱い人

よくあることです。

 

バウンダリーが弱い

* 仲良くなりたいのに近づけない、

* 声をかけたいのにかけられない、

というような躊躇や抵抗もおきます。

引っ込み思案になりがちで

孤立してしまう傾向もあります。

 

その反対に、信じてはいけない人に

すべてをさらけ出したり、

あまりにも早急に

絶対的な信頼を寄せて

しまうことや、

相手を急速に

理想化・偶像化して

自分を傷つけるような恋愛や

自分によくない人間関係に

没頭してしまうこともあります。

 

バウンダリーの弱い人は、

不健全な人間関係に依存してしまったり

砂糖やアルコールに依存するという

依存傾向もあります。

 

自分を信頼することができなくて、

自分を肯定して丸ごと認めることが

できないので、自分の外に自分の

存在価値をみつけようとするのです。

 

家庭でも、尽くして尽くして

こどもにも配偶者にも

何もかもしてあげようとしたり

過干渉になったりもします。

これもまた自分の中で

存在意義を確かめられないことの

表れです。

 

世話好きで面倒見のいい人

として高く評価されると、ますます

いいお母さん、いい妻、

いい夫でい続けようとします。

自分の心と体の健康を

ほおっておいても何が何でも

他の人の面倒をみようとします。

 

それで他の家族のメンバーと

健全なバランスが取れている

うちはいいのですが、

家族の他のメンバーが

それに甘えてしまって

全く家事や育児を分担しない場合には

バランスが崩れています

 

大病をしているのにも関わらず

家族みんなの面倒を見続けていて、

他の家族はそれを当たり前と

思っているような場合、

協力が得られないような場合は

明らかにバランスが崩れています。

 

<Give とTake のバランス> に続きます。

 

バウンダリーが弱いとどうなるの?

 

食の力:薬に頼らずうつ・不眠解消 マグネシウムとHSP

 

バウンダリー(HSPと境界線)