今日の言い回し アーカイブ - ニューヨーク直送 HSPライフコーチ

今日の言い回し

Stop eating と Stop to eat の違い

Stop eating  と Stop to eat って全然意味が違うのです。     Remember buying carrots.   Remember to buy carrots.   も同様に、意味が全然違います。     もう少し文を付け加えて 場面を想像してみると はっきりすると思います。   I remember buying carrots, but I don’t see them in my bag.   人参買ったの覚えてるんだけど、 バッグの中に入ってないの。   Remember to buy carrots. I want to make carrots & ginger soup today.   …

Stop eating と Stop to eat の違い Read More »

スマホ時代のアクロニム

日本でも携帯時代・スマホ時代 に様々な短縮語が生まれていますね。   英語圏でも携帯やスマホで テキストを送るように なって以来、 以前にも増して 略語・頭文字で 表すことが増えました。   ASAP などは(さすが 急いでるとあって) 携帯やスマホの普及より ずっと以前から 一般に使われていました。 As soon as possible ですね。   TGIF Thank Got It’s Friday はお店の名前にも 使われているので 知っている人が多いと 思います。     携帯普及で、急速に増え続ける アクロニム(頭文字で表す短縮系) よく使うようになったのは LOL 日本では 笑 とか 爆 とか 書いたりしますね。   *クイズ* Can you guess what LOL stands for? (答えは文末で) なんだか見た感じも日本の 絵文字のように感じが出ますね〜   TTYL は? Talk to you …

スマホ時代のアクロニム Read More »

アメリカで食材のお買い物

アメリカ人の 食生活に対する意識は この10年くらいの間に 随分変わりました。   私が30年前アメリカに来た その年は2〜3ヶ月の間に ガリガリに痩せ細って しまいました。   その頃はジュースバーとか サラダバーとか健康的な 選択肢は今みたいには ありませんでした。   みんながまだ肉食中心 だったからでもあります。   当時は学校に行きながら ピアノを教えて語学を教えて ぎっしり詰まったスケジュール。   その頃のニューヨークは まだ治安もずっと悪かったので いつも緊張して早足で歩いたり 運転したりの毎日。   痩せ細ってしまった原因の 一つはアメリカ風の食事は 美味しくなかった!   当時の学校のカフェテリアなどに 行くと何を見てもげっそりする ような彩りのないメニュー。   何か頼めば一品がど〜んと 来て全部茶色!という 印象だったのです。   目で愛でて食べる日本食に 慣れていたわたしにとっては、 それだけで食欲減退の 大きな要素になりました。   今では色とりどり。   仕事の合間など、 忙しくて外食しなければ いけない時のチョイスも 増えましたね。   食材も栄養のことも しっかり考えて健康的なものを 確保できるようになりました。   …

アメリカで食材のお買い物 Read More »

今日の英語:おごるよ & お釣りはとっておいてください

  日本では tip をあげる習慣がないので、あげるべきかどうか、   いつあげたらいいか、どれぐらいあげたらいいか、   戸惑う方も多いようです。       元々、低賃金で働いているウェイターやウェイトレスを   助けるために、あげるものです。       レストランでは食事の後に担当のウェイター・ウェイトレスが   テーブルの所へ来てお勘定をしてくれます。     チップはこの時に足します。   おつりをもらってから、テーブルにおいても大丈夫です。       よくあるのは、例えば38~40ドルくらい食べた時に、   消費税を足してチップを足すとだいたい 50ドルくらい   になるので、50ドル渡して、その時に   “All set”   と言います。       “Keep the change” と同じ意味なのですが、 ”全部おしまい、これでいいよ” ということなので、   ”お釣りはいいです” と言っているのです。       たいてい、ニッコリと   “Thank …

今日の英語:おごるよ & お釣りはとっておいてください Read More »

Give me some credit

Give me some credit

He finally gave up 彼はとうとう諦めた。   He gave up his dog. と言えば,   ”飼い犬を諦めて、里親に出した” という意味です。   He finally gave in to me. 彼はとうとう(わたしに従って)歩み寄った。 (交渉や議論で相手が譲歩した時)   give some thoughts to ~ 〜を考えてみる。考慮する。   ”Give some thoughts to that. Would you?” ”ちょっと考えてみて。お願いね”   “Would you?” とか ”Will you?” をつけると、please を使わずに、 少し丁寧な優しい感じを加える事ができます。   すぐに返事を迫るよりも、 一晩、またはしばらく 考えて返事してね、という感じで 相手に余裕をあげる言い方です。   …

Give me some credit Read More »

Keep your eyes open

  今日は、短くて易しくて普段よく使う例文 をあげていきます。   ちょっとドリル風に練習してみましょう。   さらっと一度読んだ後に、場面を思い浮かべながら 一つずつの文章を繰り返して声に出してみてください。   できるだけ感情をこめて。   たとえよく知っていても一つの文章を5〜10回くらい 調子を変えて言ってみると語感が育ってきます。   keep と “on” “off” “open” “closed”       keep the windows open I like some fresh air.   窓を開けておいてね 新鮮な空気を入れたいから。   Keep the windows closed. We don’t have screens yet. Keep the mosquitos and flies out.   窓を閉めておいてね。 網戸をまだ入れてないの。 蚊やハエが入ってくるといやだから。   …

Keep your eyes open Read More »

Allow me

allow は許可する、許す、   という意味です。   誰かのために ドアをあけてあげるときなど、 一歩先に出て、   “Allow me” と、一言言うと、   相手の人にも、 突然人が目の前に 躍り出たような 威圧感を与えずに、 こちらの意図をよく 理解してもらえます。   Let me hold the door for you.   と言ってもいいです。   No ~ allowed という   サインがあったら、 なにかが禁止されている のですから、気をつけましょう。   No merchandise allowed in the restroom.   No merchandise allowed past this point.   こんなサインがあったら要注意。   …

Allow me Read More »

Scroll to Top