つれづれ アーカイブ - ニューヨーク直送 HSPライフコーチ

つれづれ

”テンションあがった”って変!

  セントラルパークの紅葉がきれいです。   久しぶりに英語の話題ですが、 今日はちょっと苦情があります。 (>_<)   日本人は 盛り上がった、興奮した、というような時、   ”テンションあがった”       と、よく使うけれど、これはとっても変な表現ですね〜     英語の上達を妨げる日本的思考・誤用のいい例です。     誰が言い始めたのだか、   ”テンションあがった” って   カタカナで英単語を使ってはいるのだけど、   それが、英語の意味とは全然違っていて、どうもひっかかるのです。     英語圏に暮らす人にはこのひっかかり、   すぐにわかってもらえると思います。   ホントにへんてこな使い方です。       英語が話せるようになりたい人は   意識して使わないようにしましょうね。   英語にだってことだまはあるから、   正しい言葉を選ぶって大切です。     ”テンションあがった” っていうのは、   興奮したとか、ワクワクした、って言いたい時に   乱用・誤用されてるようだけど、完全に日本製のものです。   英語の tension にはそういう意味合いはありません。 ニューヨークマラソンが近づいていて、 ちょっとみんな盛り上がってる、 という時には、 New Yorkers …

”テンションあがった”って変!Read More »

スイーツ大好きなあなたへ 

  今日は歯のお話です。   I have a sweet tooth.     というと,甘いもの大好き。   私は甘党。という意味です。   食べるときはもちろん一本の歯で   食べるわけではないのですが、   なぜかイディオムではこういうことが   よくあります。   主語や時制をかえて,色々に使ってみましょう。     She has a sweet tooth.   Does your mother have sweet tooth?   I used to have a sweet tooth, but now I completely quit sugar.   というと、甘党だったんだけど、   もうお砂糖は完全にやめたんだ。 …

スイーツ大好きなあなたへ Read More »

Who rescued who?

アメリカで運転していると、 よく前の車の後尾に “Who rescued who?” という マグネットが貼ってある のを見かけます。     誰が誰を助けたの?   ワンちゃんの手形に書いてあるので すぐ目につきます。 捨てられた犬や猫を助けたことの ある人なら、あるいは 動物を飼ったことのある人なら、 何のことか、 すぐ思いつくと思います。   26年前、一人で誰も知らずに アメリカへ来て最初の頃、 ホームシックになりました。   楽しくて、忙しくて、ただひたすら 毎日夢中で生きていくしかなかった ころです。   思っていたよりも精神的に まいってしまいました。   そんな時友人から、 同じアパートの人が 自分の飼ってた猫を捨てて、 その猫は道でひどい目にあっている、 助けてあげて、 と頼み込まれてしまいました。   当時、仕事しながら 生活費も学費も大変で、 とても猫の面倒まで見る余裕はない、 と思い、最初は断りました。   時間的にも複数の仕事と大学院の間を かけずり回っていたので、とても 無理だと思ったのです。   でもその猫に会ったとたん、 気持ちが変わって、 その後7年間癌で亡くなるまで 一緒に暮らしました。   名前はプーちゃん。 誰よりも私を笑わせてくれました。 捨てられていじめられていたので、 私に慣れるまで相当の …

Who rescued who?Read More »

今日の言い回し : fit in

今日の言い回し : fit in きのうのおさらい: 試着室は a fitting roomでした。   fit は結構カタカナ日本語化していて、 フィットする、などと言いますが ぴったり合うということですね。 fit in として使うと、人が仲間や 場の雰囲気にうまくなじむ、 とけ込むという意味になります。     He fits right in wherever he goes. He had a hard time fitting in. のように使います。   今日のアファメーション (アファメーションも 英語の習得も声に出すと より効果的です)   I’ll fit right in anywhere anytime. You’ll fit in anywhere anytime.   人気ブログランキングへ

mustard green for detox

春は解毒の季節:タンポポ

* 春は解毒の季節です。   冬の間、いつもより食欲が 増してたくさん食べるのは ごく自然なことです。     寒さから体を守ろうとして、 脂肪分の多い食品や、炭水化物を たくさん食べたくなります。     春が来るまでに多くの人が 少し体重も増えていますね。   春になって、だんだん薄着に なるとともに、少しやせようと 決心したり、内蔵にたまった 毒素を出してしまいたく なるものです。   明日からジョギングと決心したり、 活動意欲もわいてきます。   この頃、自然界は、解毒に最適の 食べ物をちゃんと準備してくれます。   解毒にいい食材は様々な植物の 根や葉、茎、芽などとして わたしたちの周りにたくさん あります。   少し苦みのあるものは 昔から漢方でもアユルヴェーダでも、 または和食の薬味としても、 解毒作用のあるものとして 重宝されてきました。   タンポポ、カラシ菜、菜の花、 タラの芽、フキのとう、 アスパラガス、ネギ類 などです。   dandelion   質のいい綺麗な水をたっぷり 飲むと同時に少し苦みのある 植物性の食品を採りましょう。   タンポポの葉はアメリカでは スーパーマーケットの 野菜売り場に並んでいます。   生で食べてもよく、 …

春は解毒の季節:タンポポRead More »

Scroll to Top