Choose your emoion

自分の感情は自分で選ぶ

Spread the love

あなたが今幸福感を感じていても

なんとなく面白くなくて

ふくれっつらをしていても

それはあなた自身の選択。

 

号泣していても、

激怒していても

狂喜していても、

 

すべてあなたの選択

他の誰の選択でもありません。

 

だって、こんなことがあったんだもの。

だって、彼がこんなことしたんだもの。

とどんな理由をつけてもそれは言い訳。

結局それでどう感じるかは

自分が決めたこと

ひがみっぽかったり、怒りっぽかったり

すぐ気に揉んだり悩みの堂々巡り

習慣になっていたら、

このアファメーション

やってみましょう。

 

I choose to be happy.

幸せに感じることを私は選ぶ。

 

そう、あなたの感情は

あなた以外の誰にも

選べないのです。

 

あなただけに許された特権が、

どう感じるか決めることです。

 

あなたは選べるのです。

 

目の前に手紙が2通置いてあって、

1通には愛に満ちた優しい言葉が

綴ってあります。

 

もう1通には泣きたくなるような

厳しい残酷な言葉が綴ってあります。

 

どちらがどちらかわかっていたら、

あなたはどっちを開けて読みますか?

 

もし知らずに開けてしまった手紙に

ひどい言葉が並んでいても、

あなたはそれを閉じてテーブルに

置くことができます。

 

けれど、わたしたちがしばしば

やってしまうのは

わざわざその酷い言葉の並んで

いる手紙を一日中持って歩いて

何度も何度も読み返してみる。

 

あなたもきっとやったことが

ありますね?

 

悩みグセ、悲しみグセ、

被害者意識にずっと

浸ってきた人は要注意です。

 

読んでしまった手紙、

起きてしまったこと、

聞いてしまった悲しい言葉、

あなたを認めてくれなかった人、

 

どんなことでも、どんな思いも、

手放していくことができます。

 

I am willing to let go.  

私は手放します。

 

I am willing to let go.  は、

 

手放すことをする心の用意がある、

という意味です。

willing は ”〜してもいい”

”〜する心の準備ができた”

“〜する意思がある”

という意味で、これは

潜在意識の中で抵抗する気持ち

とても強くなっている人には

ぜひお勧めの一言です。

 

あなたの顕在意識

もう変わりたい、私は変わる

と宣言してるのだけれど、

体の隅々まで変わりたくない

小悪魔たちが潜んでいます。

長い間に習慣になった”感じ方”

あって、それが心地いいのです。

あなたの顕在意識とは裏腹に、

潜在意識細胞レベルでは

新しいあなたになることに

どうしても抵抗してしまうのです。

 

お散歩にワンちゃんを連れて行った時

踏ん張って、嫌だ、まだ帰らない

って全身で抵抗してる子、いますね?

 

あなたの潜在意識の中、細胞の中の

小悪魔たちがあっちこっちで

あの、”嫌だ” という踏ん張り

やっているのです。

 

レジスタンス=抵抗 です。

 

だから、結果として

”アファメーションしてるん

ですけど、何も変わりません”

 

”惹き寄せの法則、効きません”

 

”ドリームマップも作りました。

でも変われません”

 

という残念な状態になってしまいます。

 

抵抗が、相当根強くなっている

時には、例えば

”お酒をやめる”とか

”甘いものやめる”とか

考えれば考えるほど

抵抗の方が強くなります。

 

だから 少し緩めに

I am willing to let go.

手放してもいいよ、くらいの

アファメーションの方が

効果があるのです。

 

道端で鎖や紐を引っ張られて

踏ん張ってるワンちゃんたち、

 

引っ張られるとそれだけ

激しく踏ん張りますよね?

 

あれと同じことをあなたの

潜在意識はやってしまうのです。

 

紐を引く手を緩めると

ワンちゃん、自分で歩き出します

 

それが

I am willing to let go.

のさじ加減。

 

人も同じ。

 

去って行った恋人とか

思い通りにならない配偶者、

なかなかうまくいかないキャリア、

無理やり鎖を引っ張るのをやめて

I am willing to let go.

 

自分以外の人も出来事も、

なるようにしかならないことを

認めてみるのです。

 

自分でコントロールはできないし、

それを素直に潔く認めて

天の采配に任せるのです。

 

人生で出会うすべての人は

あなたの人生という長編映画に

出てくる登場人物たち。

 

最初から最後までいるのは

あなただけです。

 

あなたが主役です。

 

もっと大きな視点で見れば

そのあなただってただ一人の

登場人物

宇宙全体の壮大な長編映画は

あなたがいなくなっても続きます。

 

でもあなたの人生では

あなたが主役なんです。

 

 

生きていれば必ず出会う様々な

出来事も他の出演者も通行人も

空を浮かぶ雲のように

現れては流れて

流れては消えていきます。

 

その度、びっくりして

飛び上がって、

こだわってたら

身が持ちません。

 

あなたは大きな空になって、

行く雲の行方

眺める余裕をもちましょう。

 

私自身がたくさんたくさん

執着してた頃、

とても苦しかったから

少しずつ覚えた対処法です。

 

もう気がついてると思います。

willing 〜してもいい、

will 意思・意志

will 〜でしょう

どれも同じ語源から来ていますね。

 

あなたの人生はあなたの意思

変わっていきます。

 

I am willing to let go.

 

I choose to be happy.

 

関連記事

かわいそうなわたし:悲しみ中毒症

 

悲しみ中毒から幸せ中毒へ!>

 

この孤独感はどこから?

HSPと孤独感・疎外感:この孤独感はどこから?

 

胸を開いてうつを吹き飛ばすポーズ

セルフケア:猫背・四十肩・腰痛の予防

ZOOM で育てる オンライン講座

インターネットの世界を味方にして

人生を変えたい方だけお応えください。

↓   ↓   ↓

デジタル度アンケート

あなたのニーズに応えるコースかどうか、

まず30分の無料ZOOMセッション

お話ししましょう

あなたの大切な本当に伝えたいこと、

待っている人が世界中にいることを

あなたは知っているはずです。

 

 

HSPとても敏感な人が集うFBグループでは

ZOOMでミニ瞑想やタッピング、レイキも

しています。お知らせはグループ内で。

 

今何位? 

 人気ブログランキングへ

もっと多くのみなさんにHSPや

セルフケア、チャクラワークの

ことを知っていただきたくて、

ブログランキングに参加しています。

応援してくださるとすごく嬉しいです。