Color for unlimited love

死の床で見つける自分

Spread the love

 

過去の自分を捨てて、

第二、第三の人生を歩み始めた時、

全く新しい”じぶんのいのち”が

待っているかもしれません。

 

screen-shot-2016-09-11-at-14-46-29

 

Dying to … と言うと、

〜したくてたまらない。

 

どうしても〜したい。と言う意味。


I want toI desire to よりもっともっと

強烈な欲求

 

それしかないほどの欲求。


死ぬほど ”〜したくてたまらない” のです。

jade-mandala

 

アニータさん

リンパ節の癌で4年の闘病の後、

家族に見守られて

息をひきとろうとしていました。

 

まさに dying 死んでいく

ところだったのです。


奇跡的に息を吹き返した

アニータさんは、その後


本当の自分を見つける

旅をとおして病気を克服し


今では世界中の人に希望を与えています。

 

まさに生と死の間をさまよって、

本当の自分として

いきることを学んだのです。

 

“Dying to be me”

アニータさんの

この本のタイトルには

そんな深い意味があるのです。


pink-self-love

 

以前の自分は

自分を愛していなかった。

という言葉が心に響きます。

 

本当の自分を見つけて欲しくて

アニータさんの体は

信号を発していたのでしょう。

 

関連記事:生きるために捨てるもの

 

YouTube動画 回復期のヨガ

ヨガの練習も自分を見つける

長い旅の一部なのです。

 

アニータさんのテッドトーク

Dying to be me! Anita Moorjani at TEDxBayArea

誰の人生生きてるの?

猫背・四十肩の予防、姿勢の改善に胸を開く:セルフケア 5

テーブルでストレッチ(子犬)