解釈するのをやめる:HSPセルフラブ

Spread the love

 

わたしたちHSP

(Highly Sensitive Person =

とても敏感な人) は

人の表情のわずかな変化にも

すぐ気がつきます。

 

気がつく上に人のことが

好きだし、興味があるから

ついまた観察してしまいます。

 

特に観察しよう

意識していなくても

しっかりみています。

 

相手の方にしてみると、

観察されているのに

気がついて

それが重くなったり

しんどくなる人もいます。

 

何もかも

見透かされているような

気持ちになる人もいます。

 

HSPのわたしたちが

気をつけたいのは

いろんなことに

気がつくのはいいけれど、

それにさらに自分の解釈を 

あれこれと加え続けないことです。

 

ひどく生きづらさを

感じているHSPと、

生きることが

結構楽しくなっていたり、

毎日を穏やかに送れている

HSPの大きな違い、

その一つの鍵がここにあります。

 

HSP特有の鋭い感受性で

察知したことに、

あれこれ自分の解釈を

つけ加えていませんか? 

 

そうすることで

とても生きづらい現実を

作り出してしまっていませんか?

 

 

そのひとり相撲をやめるだけで、

びっくりするほど生きるのが

とても楽しくなります。

 

本当に楽になります。

たとえば

『 人の囁き声が怖い、嫌いだ 』

という人は

人が囁いているだけで

自分のことを悪く言っていると

解釈してしまうようです。

 

もともとHSPは強烈な音や光、

匂いや味、ごわごわ、

チクチクするような感触や

大きな声が好きではないのです。

 

逆に、囁き声は 

大きな慰めにもなるのです。

 

海外からのものが多いのですが、

YouTube などでも

ささやき声を赤ちゃん用、

敏感な人用に

録画してくれてる人たちがいます。

 

これはHSPやHSCが囁き声に

大きなヒーリングパワーを感じて

心が落ち着いたり 

すうっと眠れたりするからです。

 

囁き声に嫌な思い出がある人は

囁き声に自分の解釈、

例えば自分の悪口を言われている、

などの解釈を色々

付け足してしまうようです。

 

SNSや周りの人の会話でも、

他の人が話している言葉尻を

とらえて、自分のことを

言ってるに違いないという

解釈をする人もいます。

 

そういう生き方をしていると、

とても疲れます。

 

人が囁いていたら、

『 あら、素敵な人ね 』

『 わたし、あの人みたいになりたいわ 』

そんな風に 言われてるかもしれないのです。

 

解釈の部分はあなたの

脳が作り出したものです。

 

悪口言われてる って

決めつけてしまう必要は

ありません。

 

『 わたしはこの人に嫌われている 』、

というような解釈も 

無駄にこそなれ

いいことはまずありません。

 

自分の感情は自分で選ぶ:HSPセルフラブ

 

きっと私のせいだ。

『 自分には価値がない 』

また嫌われた 』

 

潜在意識の底に

自分をいじめる癖が

すみついていると、

 

顕在意識で

そういうネガティブに

解釈する癖を

なかなかやめられません。

 

それこそ、

自分への暴力・虐待なのです。

 

昔、あなたのことを

悪く言った人がいたかもしれません。

いじめる人がいたかもしれません。

 

でも、昔あなたを虐待した人は

もういません。

 

いじめた人ももうどこか遠くで

全く別の世界で生きています。

 

過保護や過干渉だった親も 

育児放棄した親も 

もうそこにいません。

 

いつまでもその名残りで

自分を傷めつけるのはやめましょう

 

今起きていることに 

いろんな解釈を加えているのは 

あなた以外のだれでもありません。

 

昔誰かから受けた暴力を

自分に向けて今まだ

続けているのはあなたです。

 

人生は短い!

楽しまなくちゃ!

 

Life is short.

Enjoy it!

Embrace it!

 

『 わたしは素晴らしい人生を生きる 』

『 わたしは幸せに生きる 』

 

そう決められるのはあなただけです。

 

HSP  Highly Sensitive Person は 

想像力がとても豊かです。

あなたの想像力はどんな物語もつくれます。

どんな映像もつくれます。

 

あなたは映画監督みたいに

自作自演の映画を 

常に製作しているのです。

 

わたしたちのマインドは 

いわば、プロジェクターです。

 

昔の映写機を覚えている人も

いるかもしれません。

 

あなたの考えることが

そのまま映像になっていくのです。

 

あなたの脳で考えることが

そのまま映画の脚本になり

思ったように出演者が動くとしたら

どんな映画をつくりますか?

 

あなたの現実はあなたの

思考によって映し出されている

映画のようなもの。

 

人生を楽しく幸せに生きる方向に 

あなたの大切なエネルギーを

使ってみませんか?

 

少なくともあなたの想像力や解釈で 

自分をいじめたり傷つけたり

するのはやめましょう。

 

周りの環境の変化を

一つずつ察知することは

生きていくために必要です。

 

けれど、周りの人がする

ことを察知したあとに

頭の中で、さらに

いちいち解釈するのには

すごいエネルギーを使います。

 

ネガティブな思いが

それについてくるとなおさらです。

ネガティブな思いを抱くと

体は有害な化学物質を生成します。

ストレスホルモンなどもその例です。

 

野生の動物や植物は

雨が降ったら雨にうたれます。

 

雪や氷が降ったら

雪や氷にうたれて、

黙って埋もれます。

 

でも

『 雨はわたしのことを嫌いだから

わたしの上に降ってきた 』

という解釈はしません。

 

雨や雪に 意地悪された

という解釈もしません。

 

鳥から食べられそうになった

虫も蝶もそんな解釈はしません。

 

それを恨みに思って

一日中悩んだりしません。

 

その一瞬が過ぎれば 

もう次の一瞬を

一生懸命生きています。

 

ただ今ココを生きているだけ。

 

丁寧にこの一瞬を

マインドフルに生きる

そういう習慣をつけることは 

HSPの心と体のバランスに

とてもいい効果をもたらします。

 

草や木のように、

野の花のように、

まわりで起きていることに 

解釈を加えずに

ただ素直にありのままを 

受け止めて、

今ココを生きていくと 

生きるのがずっと楽になります。

 

自分で自分をいじめるのをやめて 

淡々と生きてみませんか?

かわいそうな私 : 悲しみ依存症