Spread the love

 

HSPの多くの人が経験する問題に

不眠症・鬱・依存症があります。

 

中でも不眠症はほとんどのHSPが

人生のいずれかの時期に経験して、

かなり辛い思いもしています。

 

不眠症になるとうつになり、

うつになると不眠症になることは

まず避けられないと言っていいほど

不眠症うつは時期を同じくして

手をたずさえてやってきます。

 

うつを解消・解決しようと思ったら

まずは眠りのパターンを取り戻す

ことが必要です。

 

睡眠の質が落ちたり、睡眠時間が

足りなくなると免疫力も落ち、

うつにもなりやすくなります。

 

 

インドの伝統医学、

アユルヴェーダの考えでは

これらの問題はいずれも

ルートチャクラのバランスの

乱れです。

 

ルートチャクラ(第一チャクラ)と

言えば、多くのHSPにとって一般に

一番弱いところでもあります。

 

ルートチャクラを支えるのは信頼

 

自分に対しても人に対しても

世の中に対してもしっかりした

信頼が奥深いところに育って

いると、生きることが

そんなに辛くないのです。

 

辛いことがあっても、

人生の様々な試練に向き合っても

「 大丈夫 」という信頼感

あると、乗り越えていけるのです。

 

うつはこの大丈夫という信頼感

なくなってしまっている状態。

 

「 なんとかなる」「 なんとかする」

という自信を持てなくて、

希望を持てなくなっている状態です。

 

以前にも何度か書いていますが、

すべてのHSPうつ不眠になる

というわけではありません。

 

それでも、HSPのおよそ50%に

当たる人は幼少期に安心と信頼を

感じられない過酷な環境で育ちます。

 

胎児・乳児・幼児として

安心と安全を感じられない状況で

育ったHSCのこどもたちは特に

将来うつや不眠に悩まされることに

なる可能性がうんと高くなります。

 

ルートチャクラの基盤は胎児から

生後6ヶ月くらいの間に形成されます。

 

Be gentle to your Inner child HSP

 

胎児の時にもあなたはお母さんの

お腹の中で羊水を通して

環境の変化を感じていたのです。

 

ルートチャクラは私たちの基本的な

生存能力を司るエナジーセンター

 

気力、体力、精神力、忍耐力、

免疫力、経済力、行動力

すべてがここに宿ります。

 

生きるために最も必要な

睡眠欲・食欲・性欲のバランスも

歪みもこのチャクラに支配されます。

 

不眠症睡眠障害も、いつも眠くて

たまらないような疲労感も

このチャクラに関連しています。

 

過食症や拒食症もそうです。

 

その根っこをたどっていくと

不安感があります。

 

不安でしょうがない時、

イライラしたりそわそわしたり

する時、一番いい解消方は

「 体に還る 」ことです。

 

「 大丈夫 」という安心感や

信頼感が湧いてこない時、

頭の中であれこれ悩んで

堂々巡りしている自分に

気がついたら体を動かすことです。

 

体を動かすことができないほど

弱っている時には呼吸を深くする

ことで、体を中から意識できます。

 

ルートチャクラを調整するためには

グラウンディングといって

大地とつながっていることを

意識できるような活動が

とてもいい効果を表します。

 

裸足でするヨガ気功

床や大地を意識できます。

 

ヨガや気功で呼吸を整えてから、

大地にしっかりと根を下ろしている

イメージを描いて瞑想してみましょう。

 

自分を木にみたてて、

実際にその根っこが地球に奥深く

広く根を貼っていくイメージは

心が落ち着きます。

 

散歩をする時にも地面を意識して

自分の骨盤の底から脚全体を

意識して一歩ずつ踏みしめる

ように歩いてみましょう。

 

散歩から帰って来る頃には

落ち込んでいた気分も

相当変わっているはずです。

 

 

街中では実際に土を踏んで歩ける

場所が減っているので、公園や

川の土手浜辺森林

近くにあればそこまで出かけて

行って、ほんの少しでもいいので

「 土 」を感じてみてください。

 

大きな木があればその下に立って

しばらく木のエネルギーを感じて

みてください。

 

これはとても気持ちが落ち着きます。

 

木の幹に手をあてて

木と会話するように

その木がずっとみている小鳥や

虫たちや周りの他の木、

空に思いをはせてみてください。

 

両腕を広げて抱きしめられるほどの

大きな木があればハグしてみましょう。

ポチッと応援してください♡


人気ブログランキング

木は何十年も何百年もずっと

そこにいてたくさんの命が

行き来するのを見ています。

 

森やその一帯には

マザー・ツリーといって

何もかもずっとみている

大きな木があります。

 

マザー・ツリー

マザー・アース(母なる大地)

につながっています。

 

昔はこんもりと木が茂って

いるところには必ず大きな

木がありましたが、この頃は

開発ばかり進んで日常生活の中で

そういう木を抱きしめられる環境が

ない人も多いかもしれません。

 

ない時には目を閉じて

あなただけのマザー・ツリー

想像してみてください。

 

畑仕事ガーデニング

うつ不眠

とてもいい効果があります。

 

土を感じる、命を感じることは

それだけで私たちに

「 大丈夫、生きていける

という安心感を与えてくれます。

 

土の中にいる微生物たちが

うつに効果があるという

リサーチも出ています。

 

昔のこども達は泥んこ遊びをしたり

砂遊びをたくさんしました。

大人も土を触れる環境が

周りにたくさんありました。

 

都会暮らしで普段

土から離れて暮らしている人は

小さな植木鉢でもいいので

そばに「 命 」を感じられる

ように、土に繋がった植物

置いてみてください。

 

大地を意識すると、

自分の体を慈しみながら

意識するようになります。

 

ルートチャクラが弱っているように

感じる時、私たちは自然や

大地との繋がりを忘れています。